大雪漁業生産組合  
北海道上川郡上川町東雲パンケ沢 
TEL(01658)2-2161 FAX(01658)2-1366 

  

HOMEに戻る
つりぼり案内
マナー
場所 Access
施設案内
外販部門・地方発送
上川町案内
 営業期間
●夏季営業

4月下旬〜11月上旬


 営業時間
 8:00〜17:30
調理LO16:00
釣り終了17:00
(季節により変動)

 定休日
 営業期間中無休
(年末年始除く)

メールはこちらから!
お問い合せはこちらから



<新着情報>9/27、14:00更新

紅葉が綺麗に色付いてきました。

【エサ釣り】

夏季営業場所で営業中

現在16:00調理ラストオーダー

営業終了17:00です。

【ルアー・フライ釣り】

夏季営業場所で営業中





私たち大雪漁業生産組合は北海道上川町でニジマス・ヤマメ・イワナ・イトウの養殖をしており、

ここで育ったニジマスを「銀河サーモン」と命名し多くのお客様にご愛顧いただいております。

敷地内の「大雪つりぼり」ではお客様に釣っていただいたこのニジマス「銀河サーモン」や

ヤマメ・オショロコマを併設している食事処で調理しその場で食べることができます。


2000m級の山々が連なる大雪山。その大雪山の雪溶け水が大自然の天然フィルターを長い年月をかけ

湧き出した冷水を使用し養殖をしています。

魚は水が命なのは言うまでもありません。

その水の温度は冷たく、年間平均水温は約7℃。夏でも約13℃程度までしか上がらず、逆に

冬の一番の寒い時期でも2℃〜3℃と水が凍ることはなく年中通じて冷たい環境で魚を育てています。

この冷たくきれいな水のおかげで川魚特有の臭みは全くなく、身がキリッと引き締まり、

歯でかむとコリコリとした食感のうまみのある魚に成長します。

ただ一方で、温かい環境で育つ魚より成長が遅く、約2倍程度の時間をかけてじっくりと育てております。


約21,000坪という東京ドームの敷地より広大な土地に大小さまざまな養殖用の池があり

その数は実に50以上にのぼります。

広い池に悠々と泳ぐ当組合のニジマス・ヤマメ・オショロコマ・イトウはその中で

すくすくと育っていきます。

狭い池でたくさんのニジマスを入れると良いニジマスにはなりません。

大雪漁業生産組合の池では過密させないように気を配り、体の成長に合わせて

広い池へ移動させますので、ニジマスもストレスなくゆったりとしたスペースで泳ぐことができます。

ニジマスの綺麗な銀色の魚体もこの環境ならではといえます。

もちろん他の魚たちも同様の良環境の中で育てていきます。


魚たちにとって最適な環境を整えるため、大雪漁業生産組合では4名体制で365日1日も休むことなく

水温・水質・えさの管理を続けています。

豪雨になれば夜中であっても出動し、水量確認・調整などの適切な処置を施し、

養殖池の底が汚れてくれば広〜い池を数名の手作業のこすり洗いできれいにしていきます。

ニジマスの採卵から成魚になるまで大雪つりぼりでは3年以上という長い時間を要します。

その大きくなったニジマスから卵を採卵し孵化させ・・・と魚に関するすべての作業を外部に委託すること

なく、一貫して大雪つりぼりで行うことで高い品質のニジマスを育てることができます。

大雪漁業生産組合で使用しているえさは

遡ること今から20年前、大手飼料メーカーの研究者の方々と当組合の職員が

当組合の魚たちに最も良い成分の配合を長い年月をかけ調査研究しその結果

作られた専用のもの。

この黄金比率のえさですが魚の成長に合わせた適量を適切なタイミングで

与えることにより健康で身のしまったおいしい魚になります。





当組合は今年で創業46年目。

極上の魚を育てるのに終わりはありません。手間も時間もかかりますが妥協は一切せず、

より良い魚を育てるため、皆様に食べていただいて「うまい!」と言っていただける魚を育てるために

日々精進してまいります。

ぜひ一度、大雪つりぼりの魚をご賞味くださいませ。



        


3t・5t活魚輸送車による活魚や稚魚、発眼卵などの地方発送も承ります。

外販部門のページへ-->



Copyright (C) 2005 Taisetsu fishing industry industrial association Corporation. All Rights Reserved.s3.